sub_title_teppo.jpg

 

プロの目が選び抜いた食材―。

素材の力と作り手の技で創る味。

 

「切って、串打ちして、炙る」焼とりはシンプルな調理だからこそ、素材の味わいが決めてとなる。

 

巻物串はベーコンを使うことが多いが、「鉄砲」では豚バラを巻く。

選び抜いた豚肉であれば、アスパラの旨みを引き出すと知り得ているからだ。

 

良い食材を見極める

プロならではの自信である。

 

鶏や豚などのネタ、野菜を始めとする食材は、筑後地方や九州各地から取り寄せている。

 

それを、各店の職人が一串一串刺して、炙る。和・洋・中と並び、「焼とり」も料理のジャンルだという自負がそこにある。

sub_about2.jpg